野菜をおいしく食べる|土壌汚染調査を行なう理由

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 建築作業に欠かせない調査

建築作業に欠かせない調査

工事

地盤の強さを実地に調べる

ビルや住宅等を建設するに際して、必ずといっていいほど行われるのが地盤調査です。地盤調査は、これから構造物を建てようとする地盤について、その支持力や沈下量といった性質を調べることをいいます。簡単に言えば、その土地がどれだけの重さに耐えられるかを知る調査だということになります。地盤の性質を確認しないままに住宅等を建てたりすると、あとになって地盤沈下を招いて床が傾いたり、基礎部分に亀裂が入ったりといった重大な欠陥が生じるおそれがあります。かといって、やみくもに地盤を強化する工事を行うのもコスト的に無駄が生じます。地盤調査は、その土地の性質に最も適した構造物の設計や工法などを見極めるために行うものです。

調査方法は多種多様

地盤調査の方法には、いくつかの種類があります。現在、最もポピュラーといえる方法が、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれるものです。これは、先端にスクリューが付いた金属棒を地面に貫入させ、一定の深さに進むまでにスクリューが何回転したかをカウントすることで地盤の固さを測定するというものです。コンパクトな装置を使って短時間で調査できるため、戸建て住宅の建設用地を調べる際などによく用いられます。平板載荷試験と呼ばれる調査法も利用頻度が高い調査法です。これは、金属製の円盤に重機などを乗せて構造物と同じ荷重をかけ、地盤の変化を調べるというものです。異色な調査法としては、起震機によって地面を揺らし、揺れが地中を伝わる速さを測定する表面波探査という手法があります。一種の人工地震を起こすため周辺への影響に気をつける必要がありますが、地中の空洞や埋設物の様子などもかなり正確に知ることができます。